ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

帰りたくない。

e0240014_7373193.jpg

「やだー。まだ帰りたくない!」って時のポーズである。
なにか 理由があるわけでは ない。
「散歩が短い」とか そんな程度の
本能の向くままの 訳だ。

私は こちらに来て 4カ月たったが
初めて会う人に 100%例にもれず
必ず言われる言葉がある。
「松山は 住みやすいでしょー!台風も来ないし。」って。
台風が 来ないにこしたことは ないが、
わたしにとって それほど重要なことでは ない。
松山に長く住んでいたいと思う理由には ならない。

私は 人間なので そこにいる訳はほしい。
それが複数あれば それにこしたことは ない。

先日 休みの日に 久しぶりに 和食を食べに行った。
料理は 大将にお任せした。
刺身は 盛り合わせで出てきたが
その魚の種類によって 寝かせる時間を変え
全てが うま味をだしている。
素材自体が 美味しすぎるので
醤油をつけるのが もったいない。
生まれて初めて 刺身の盛り合わせを
すべて 塩とワサビで食った。
椀物は 一口飲んで どうのこうのでなく、
椀を飲みほしたときに 満足する塩梅である。
私にとってパーフェクトである。
アマダイの焼き物は 素材の味を邪魔しない程度に
桜の葉の香りを まとわしてある。
わたしの料理コンセプトとまったく重なる。
(ここの大将は 特に桜のあつかいが 上手いらしい)
料理のトーンが分かったので 次回は
焼き物と揚げ物には マルクテンペの白をあわせるぜ。
いや~ほんとに 旨かった。

私は 名古屋にいたときから 休みの日は
和食と決めていたので 
美味しい和食を探していた。

松山にいたいと思える理由になりうる店を
みつけたぜ!
田なかさん ごちそうさまでした。

PS きのうは同業者まつりだったぜ!
   フレンチのコック。和食関係3組。2番町でBARを28年やってる人。
   20年イタリアンやってる人たち。
   どうなっちゃってるの?
[PR]
by f-magnanno | 2013-04-09 09:20
<< 神様PART5 異質をあらためて実感。 >>