ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

選択の自由

e0240014_5571428.jpg

連休をとって 瀬戸内海の怒和島に 行ってきた。
しかし怒って 和む 島って
変わった名前の 島である。
島に 一軒も飲食店がないので
時間をつぶすこともできないので
歩いて一周することにした。
しばらく歩いていると 「写真」の風景に遭遇。
鹿だぜ!!!まるでサバンナ。

防波堤から釣りをすれば
25センチくらいの アジが入れ食い。
イヤー楽しかった。

話は変わるが 最近 このブログを見て
「怖いから あの店 行きたくない。」って
言ってる人が多いと聞く。
よって 一言言っておきたい。
私は 失礼な人に 厳しいだけであり、
普通の人には とても優しいことで
有名である。
また このブログを見て
「行ってみたい。」って言ってる人も
いることは 確かだ(かなり少数派だが)
来る 来ないかは あなたの自由だ。
ご自分の 視野を広げるか
止まったままでいるかも 選択の自由ということだ。

松山の人は 保守的な人が多いので
止まってる人が多いと思うが
それはそれで いいと思う。

ただ 困る松山人は 松山だけの常識を
押し付けてくる人だ。
いわゆる 松山を中心に世間が回っているっていう
天動説の人たちだ。
うちの料理を
「松山の人は 甘口の味付けが好きだから
松山の人の 好みの味付けにするべきだ!」なんて
真剣に言ってくるような奴だ。
この際だから キッパリと言っとくが、

それは 絶対にない!

水と文化は 高いところから低いところに流れる。
よって 逆流は ありえない。
たとえ太陽が西から昇ったとしても...

しかし こんな憎まれ口ばっかり ブログに書いてると
写真みたいに なっちゃうかな?松山で。
死して屍 拾う者なし。

そうなる前に 
私が ずっと松山に いるか いないかも
選択の自由なわけで。。。
[PR]
by f-magnanno | 2013-11-13 06:55
<< 学習 勘違い >>