ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

個性?コツ?

e0240014_819326.jpg

信長は 鳴かないホトトギスを殺してしまう。
秀吉は 鳴かせて見せる。
家康は 鳴くまで待つ。

意外と地味な個性が 長く続く。

昨日 「笑っていいとも 最終回」を録画して
見たんだけど あらためて
「たけしの個性はすごすぎる。」って感じた。
番組の段取りも シチュエーションも
「間」も関係ない。
ブルドーザーのように出てきて
自分の個性で すべてをぶち壊し、
有無も言わさず 笑いを取る。
また
さんまの 「間」も凄い。
言葉を発する 「間」が
あまりにも絶妙すぎて
つい笑ってしまう。
それを 続けまくって
その場を すべて 自分の「間」にしてしまう。
気が付いたら まわりがすべて
さんまの「間」で 絡んで、
「笑いは ほとんど さんまがもっていく。」って
個性である。
一方
タモリは 自分の個性が なくなっちゃったのか?
あえて 出してないのか?
本人は さして面白くないし
面白いことも言わないが、
まわりの面白い奴に 
面白いこと 言ってもらい
絡んでもらって 時間を過ごしている。
これは 個性なのか コツなのか
分からないが、
物事を 長く続けるには
今も昔も
地味なやつが 向いてるようだ。

店もそうなんだろうか?

店は ヤドカリの貝みたいなもんだ。
続かなきゃ
何軒でもやれば
いいぜ!

飽きたなら 辞めてしまおう 店なんて。
どや。
[PR]
by f-magnanno | 2014-04-01 08:20
<< いつもと違う休日 いつもの通り >>