ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

思えば遠くへ来たもんだ

鳥のさえずりで目を覚まし
温暖な気候の朝に
犬を連れて
近くの川の横にある公園で
土、草の上を散歩することが
ルーティーンである。
たまにベンチに横たわり
秋の空を見上げると
その高さが
再確認できる。
生きてきた人生より
残りの人生が短いことにも
気づいたりする。
名古屋に居た時には
忘れていた感覚である。
ゆっくりと朝食をとり
出勤する。
ちゃりんこでわずか5分足らずだ。
あまりにも近いので
ランチ後も帰って昼寝。
穏やかな日々である。
過激な出来事が起こる環境は
ほぼ皆無だ。

今日お気に入りのコーヒー
(イブラヒムモカ)をいれてもらい
テレビを見ていたら
東京で飲食店経営の職人が
従業員の股間を蹴り上げて
逮捕された事件が取り上げられていた。
都会暮らしはストレスが溜まるんだろう。
その店は
「体調不良のためしばらくお休み
いただきます。」と張り紙が
してあるらしい。
「脳みその不良」と
間違いじゃないの?

しかし こんな時代遅れの事件が
もっとも都会で起きる。
ひにくだね~。
[PR]
by f-magnanno | 2015-10-23 08:46 | Comments(0)
<< 悪(わる) 無理 >>