ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

本当に怖いもの

いまだに「あそこ炎上した怖い店でしょ。」
なんて言ってるやつがいると聞いた。
だいたいそんなこと言ってる人間は
美味しいものにありつけない人種である。
美味しいものは
怖いところにあるものが多い。
ふぐだって
どこに毒が含まれてるか分かるまで
何人もの人が死んだに違いない。
ずいぶん怖かっただろうが
人はそれを克服して
美味しいてっさや白子を食べている。
中国で高級食材として有名な
ツバメの巣は
崖の途中にあり
採るのに命がけだと聞く。
雀にとって
案山子はかなり怖い存在だろうが
それを勇敢に突破したものだけが
人間の作った美味しい米にたどり着ける。
臆病者の雀は雑草の種くらいにしか
あり付けない。
人間も雀と一緒で
臆病な者は
「飲み放題付3000円ぽっきり。」とか
「どのメニューも500円以下」とか
一見お客さんに優しそうに見える
店に行ったり食べたりするんだろうが、
そっちの方がよっぽど怖い。
真っ当な食材を使ってたら
そんなことできるわけない。
冷蔵庫から出して一週間くらい
放っておいても腐らないどころか
色も変わらない肉とか
水に浮く米とか
洋服にこぼしたら
服の色が抜けるようなワインを
出されそうだ。

うちの店と
うちの店の仕入れ価格くらいで
料理を出すお店。
どっちが怖い?
何十年か先に
体を壊してから
分かるだろうけど。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-26 09:35 | Comments(0)
<< 基準 おことわり >>