ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

なぜ凡人なのか気づくことが大切

以前にもこのブログで書いたんだが
「天才とは努力し続ける能力。」
ってことに疑いはない。
体を使うことなら
体力の限界がくるまで、
それ以外のことは
死ぬまで努力できる才能のことだ。

私が努力したことは
今まで生きてきて
過去に一度
一か月間だけしかない。
52年間でたった1か月である。
高校3年の時
文系の大学入試に失敗し
その1か月後に理系の大学の
2次試験があるということを耳にし、
浪人したくなかったので
数学(数1 数2B 数3)3年間分と
物理(物理1 物理2)2年間分を
1か月間思いっきり勉強したときくらいだ。
結局 工業大学に入れたので
挫折感を味わなかった。
(現在、大学など全く関係ないことしてるが...)
たぶんそれがよくなかった。
「世の中ちょっとやれば何とかなる。」と
思ってしまった。
以後努力することはなかったし
しなくても生きていける
逃げ道をさがして過ごしてきた
様にも思える。
努力しようにも
この歳になっても
その対象すら見つかっていない。

いやになるほど凡人である。

もう残された時間は少ないが
一度努力し続けてみたい。
来年はその対象になるものを
見つけたいと思っている。
老後の暇つぶしになりそうだし。

皆さんは
「努力し続けてるもの」もってますか?
天才になってみませんか?
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-24 08:43 | Comments(0)
<< 「安心しないでください」 なんだ!その言い訳。 >>