ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

なかなか慣れないぜ

e0240014_8294546.jpg

松山 風土 気候は最高なんだが
常識の違いには なかなか慣れないぜ。
こちらに来て 初めて体験した 3連発。

予約希望の電話が入り 話を聞いていると
友達が 誕生日らしく 「バースデイケーキを
ケーキ屋さんで買っといてくれ」とのことだ。
好みとかもあるし それは出来ないと お断りして
「自分で買って 持ち込んでもらうことには
対応する。」とお伝えすると、
「じゃー予約しません。」 だって。

????????

次に

「ディナーでは 消費税はとるの?」って

「ええ 日本国ですから。」って言うと
 「じゃー来ません。」って。

??????????

次に

かなりお年を召した ご婦人が来店されて
「毎月第一月曜日に お友達の会をやってるんだけど
20人くらいで予約とれる。」って言うんで

「大丈夫です。」って答えると

「会の当日 電話することもあるかもしれないので
よろしく。」って言ってきたので

「先にご予約がなければ。」って答えると

「あなた 先ほど 大丈夫って言ったじゃない。」って。

毎月第一月曜日は 自分のために
空けとけってことらしい。

お前何様だ。皇族でも断るっちゅうの。

??????????????????????

こちらに来て はじめて経験することが多くて
戸惑うばかりだ!

あまりにも 俺の常識とかけ離れてるんだが
染まる必要が あるのだろうか?
[PR]
by f-magnanno | 2013-11-08 08:35 | Comments(6)

偽装PART2

e0240014_823441.jpg

やっぱり 次々と出てきたぜ、偽装。
しかし 肉屋が ただの和牛をブランド牛と
偽装して売ったり、うなぎ屋が 輸入ものを
国産と偽装して売ったら 逮捕されたり
営業停止になるのに、今回の騒動では
逮捕どころか 営業停止すらない。

全部 営業停止にしちまえよ。

ついでに フランス料理屋って言って
スパゲッティ出してる店と
イタリアンですなんて言って
パエリア出してる店も
営業停止に してしまえ!

そんな店を紹介してる
雑誌やブログも。。。 
[PR]
by f-magnanno | 2013-11-07 08:38 | Comments(2)

偽装

e0240014_854024.jpg

似ているが 違う犬。
本物のウイスキーは手前だ。

最近どんどん偽装が 発覚しているが
たたけば 五万と出てくるだろう。
マスコミ(テレビや新聞など)では
「何を信じていいか 分からない。」なんて
やってるが 信じるものは決ってるでしょ!

自分の舌。 当たり前っしょ。

食ってわからない バカ舌なら
本物でなくたって
いいんじゃない?

舌を2枚お持ちの方もいらっしゃるが、
1枚でいいから 本物がほしいものだ。
[PR]
by f-magnanno | 2013-11-06 09:05 | Comments(0)

e0240014_673618.jpg

日本の飲食店において
旬の食材は 非常に重要である。
ランチメニューに
「芝エビ(本物)」って書いたら 即
売り切れたぜ。
松山でも皆 旬に敏感である。
いっそのこと ここまで書いて
旬に もっと忠実に
パナメイエビを 出してやればよかったかな?

さすがに 怒られるか。

PS 私は お客様を大切にする人間である
   (たまにおちょくるが。)
   よって 食に明るく ユーモアのある
   大人な方は リピートしてくれる。

   一方 来店された人間を
   すべて お客様とみとめるわけではないので。
   認めなかった奴は 容赦なく
   こき下ろす。
   何か 問題でも ありましたっけ?
   あらためて
   ふるいから落ちたやつ
   二度と来るなよ!
   どやー。
[PR]
by f-magnanno | 2013-11-05 06:22 | Comments(2)

いろいろ来るぜ。

今度 「ロマネコンティを飲む会を企画してるんだけど
持ち込みでワインはお願いしたいんだが
料理をつくってもらえないか?」って要望があったので
コース料理をつくるんだが、正直言って
何を出せばいいのか 見当もつかない。
パンとチーズでいいんじゃない?
なんても思うけど、それじゃーお金もらえないし
頭が痛い。
しかし いまどきまだこんなバブリィな人たちがいるとは
松山も なかなか奥が深い。

当日 ちょっとやってみたいことがあるんだが、
ロマネコンティを抜いて そのコルクの匂いを嗅いで
一言。
「ブショネですね。」
シャレですむでしょうか?
[PR]
by f-magnanno | 2013-11-04 08:28 | Comments(0)

猫に小判

e0240014_812888.jpg

ここ何日か 5000円でお任せの予約が続いて入っていたので
グループによって あまりにもリアクションが違ったので
面白かった。
料理の内容は
さんまにフルーツのコンポートとパン粉を詰めて
オーブンで焼いた「ズコット」
スモークをかけたガチョウのフォアグラ
洋ナシとオレンジの蜂蜜添え
恵那の野菜のココット蒸し
フランス産野鴨のラグーソースのパスタ
アイスランド産子羊をキノコのデュクセルで
包んでオーブンで焼いたもの
デザート
なのだが

某大学の先生たちのグループに お出ししたところ
ジビエのパスタが苦手な方がおられたが
ほぼ 大絶賛。

一方
入店してくるなり 第一声が 「ディナーは タバコ吸える~?」
だった 元ヤンキーの匂いがする おばはんたちのグループには
料理が出終わるまで ほぼ反応なし。
唯一テンションが上がったのは
デザートのみであった。
シーザーサラダとカルボナーラと
牛フィレのステーキにでもしとけばよかった。

美味しいものを理解するのにも
教養が必要なんだろうか?

「猫に小判」あるんだな~。
[PR]
by f-magnanno | 2013-11-03 08:50 | Comments(0)