ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

美味しいコーヒーを飲むために

ネパールで大規模な地震があって
大変なことになっているようだ。
名古屋の友人が、ネパールに
世話になったみたいなので
何かしようと思ったんだが、
どうすればいいのかわからないので、
コンビニでの買い物のおつりは
すべて「ネパール募金」に
入れている。
ちゃんと届けばいいんだが...

あっ こんな時に貯金が必要なのかな?
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-30 01:25

懲りないね~

誰が言った言葉か忘れたが
「恋愛も結婚も失敗からしか学べない。」
なんてのがあった。
「しか」ってのがひっかかるが、
ま~わからんでもない。
よーするに
「失敗してしまったことは仕方がない。
そのかわり同じ失敗しないように
学習しろよ。」ってことかな?

四国では 「トイレのないマンション」を
再稼働するらしい。懲りないね~。
そのマンションの広報課は
「落ち度のないよう全力を尽くす。」だって...?

学習しないことが落ち度だろ!
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-29 07:18

東京で流行ってること

朝の情報番組の特集で
「東京の飲食店で流行ってること」ってのを
やっていた。それは
店の入り口に「OOなお客お断り」って
看板を出すことだそうだ。
店として来てほしくないタイプの
人種を入店させないためらしい。
紹介されていたのは
「子供連れのお客様」なんて定番なものから
「店内で撮影する方」
「学生」「香水をつけている方」とか
「おしゃべりが目的の方」なんてものまで
いろいろ紹介されていた。
テレビに向かって突っ込んどいたぜ。
今頃かよ!って。
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-28 08:00

苦手な飲食

わたくしは基本好き嫌いはないので
食べられないものはない。
しかし食べたくないものはある。
食材を殺す調理をした料理。
和風だしや醤油を使った洋食。
(だったら和食を食べる。)
ソースや生クリーム、バターなどで
アレンジした和食。
(たぶん俺が作った方が美味しいから)
フルーティでワインのような吟醸酒。
(だったらワインを飲む)
熱々なはずの冷たい料理。
そんなはずがあってはならないのに
食べたら甘い料理。
化学の力を借りているレストランのパスタ。
ビールじゃないビールみたいな飲み物。
樽の味が強すぎてブドウの味のしないワインなど。
ねっ!好き嫌いはないでしょ?
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-23 07:02

気がないので...

今日お客さんが
「お金は使えばもどってくる。」って
言っていたが、私もそう思って
どんどん使っている。
そしたら嫁が
「使いすぎてまったく貯金がない。」と
お客さんに愚痴っていた。
私はいざとなったら何したって生きていけると
思ってるので、貯金なんざ
する気がない。
大体貯金の額なんて
不安の大きさに比例してるみたいで
カッコ悪くてできないぜ!
安定したそれなりの収入があるやつが
けちけちしてまで必死に貯金してるの見ると
かわいそうになる。
「いったいどうしたら不安はなくなるんだろうね?」って。

PS 嫁に一言言っておく。
「どうしても貯金したいのなら 俺の知らないところで
こっそりしてもいいんだよ!」
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-22 07:32

刺身で食えるんだ!

また高知に行ってきた。
こちらに来て2年半だが、
すでに10回目くらいかな?
ぜんぜん飽きない。
今回の収穫は うるめイワシの刺身を
食べられたことだ。
マイワシやカタクチイワシは
普通に刺身で食べているが
うるめイワシは生まれて初めてだった。
高知の土佐宇佐では うるめイワシの
一本釣り漁があるので
刺身が食べられる。
朝あがったものをランチタイムに
食べてきた。感動のうまさである。
一本釣り漁をやってる会社が
経営してる店で食べられる。
「土佐もんや」最高です。
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-21 07:17

大阪都構想

大阪でさえ変化を望まなかった。
これで当分の間止まっちゃうよね。
でかいけど所詮地方なのかな?
シャープのようにならないといいけどね!
名古屋の皆さん リニアもできるし
TOYOTAのように
東京といっしょに
前に進んでいきましょう。
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-19 07:11

始まりはいつも...

「お前は違うステージで生きている。」って
よく言われるんだが、そんなややこしいこと
考えて生きてるわけじゃない。
いたってシンプルであって
自分が必要とされているところで
生きていたいだけである。
家族が必要としてくれるのは
当たり前だが
それ以外に一人でも二人でもいたなら
それは嬉しいことだ。
そもそも松山にもそれで来たはずだったんだが
誘った本人は、どこかに行ってしまった。
今では正直すぎて
嫌われていますが(笑)
名古屋以外に住んでみて
どこにでも順応することができる
自信がついた。
さて次は大都会のど真ん中か
自然のど真ん中か...
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-18 07:34

えっ?

名古屋から帰って来て
出勤するとき
踏切横の横断歩道を渡ろうとしたら
踏切向こうから来た車が
一時停車もせずにつっこんできて
一瞬「ひやっ!」とした。
と その時
「気をつけろ!田舎もん!」って
言われちゃった。(笑)

俺ってどうなっちゃったの
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-17 10:29

うれしいような疲れるような...

最近「ここが美味しいと聞いてやってきました。」
なんてこと来店時に言われるお客さんが
ちょくちょくいる。
嬉しいんだが気の小さい俺は
「いったいどれくらい美味しいと聞いて
どれくらいの料理を期待してるんだろうか?」とか
「すでにハードルが上がってるんだから
ちょっとばかり美味しくても、
まあまあだななんて思われちゃうんじゃないかな?」
なんて考えて疲れてしまう。
お客さんに言われた言葉が
「どれくらい美味しいか確かめに来ました。」に
聞こえてくるくらいだ。
だから できれば食事が終わった後に
自分が美味しいと感じた場合のみ
「実は ここが美味しいと聞いてきたんですよ!」と
言っていただきたい。
[PR]
by f-magnanno | 2015-05-04 06:55