ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

価値観

最近買ったビーチクルーザーという
安い中古自転車を気にいっている。
あまりにも個性的な形をしているので
どこにいてもすぐばれちゃうし、
不必要にタイヤが太いので
駐輪場に止めにくいし、
ハンドルが横にやたら長いので
狭い道ですれ違うのも大変である。

まるで手を広げて運転してるような
解放感といい
頑丈なのに柔らかい
サドルのスプリングのおかげで
でこぼこの道ほど
乗り心地がいい。
振動が時差をもって
骨盤に優しく伝わってくる感じが
たまらなく優雅な気分にさせてくれる。
先日手を広げ気持ちよく
風を感じて走っていると
ママチャリに乗った女子高生に
軽く追い越された。
以前1970年代のアルファロメオに
乗っていたことがあるが、
バイクのようによく回る
エンジン音に酔いながら
気持ちよくスピードを体感していたときに、
片手でしかも手のひらで運転する
女性のクラウンに軽く抜かれたことがあったが、
その感覚と似ている。
価値観が違うので
追い抜いていく彼女らに
「お先にどうぞ。」という気持ちとともに
その先の安全まで願える自分がいた。
人生でもこうありたいものだ。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-29 09:13 | Comments(0)

価値観の違い

なんだか変な電話が入った。
「コースはいくらからですか?」
「5400円からです。」
「アラカルトは一皿いくらくらいですか?」
「前菜とパスタは1000~3000円くらいで
メイン料理は3000~5000円くらいです。」
と質問に答えてると
「コースとアラカルトではどっちが得ですか?
それともランチに行った方が得ですか?」
だって...
「家から出ないのが
一番得です。」と言って
電話を切った。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-28 09:03 | Comments(0)

基準

知らない街で
良い店を見つける
私なりの方法。
今回は街をぶらぶら歩いて
店の外観や入った店の
ご主人から口コミをもらう
方法だ。
まず店の中が外からよく見える
タイプの店は、基本
カジュアルな店が多い。
最も店内がよく見えるのは
ファストフード店やファミレスだ。
もちろんどこにでもあるから
入りはしない。
次がスペインバルや
カジュアルイタリアン。
こういった店で
若い女性でいっぱいの店は
パスする。
ただ安いだけで
中身がないところがほとんどだから。
次はひなびた居酒屋。
おっさんが湧いていたら正解。
安くてそれなりに美味しいことが多い。
最後に中が見えなくて
判断しにくい店は
看板が小さくてわざと分かりにくくしていたり
へたすれば看板のない店が
お勧めだ。
よほど自信があるか
かなり個性的なところが多い。
また入口が最近の資材で作ってあるのでなく
石やむくの木材などで出来ており
歴史を感じるような
重みがある店は
長く続いてる可能性が高く
良い店の確率はたかい。
ただしかなり高額なことも
多いので
値段の書いてあるメニューがないときは
前菜一品と瓶ビール一本で
急用ができたことにして
いったん精算してみる。
まったく問題がなく
注文した前菜のレベルが高ければ
出直せばいい。
最後に口コミで
信用できないものを紹介しておこう。
「ワイン通が集まる店。」ってのだ。
だいたい世間のワイン通なんて輩に
ワインを教えてもらったことなどない。
ワイン通なんていってても
「すでに出回ってしまって
人気が出たワインで
需要が多くもともとの価値より
価格が上がってしまったワインを
たくさん飲んだ。」ってことを
競い合ってるやつがほとんどだから。
そんな奴らが喜ぶ
俺にいわせりゃ「終わったワイン。」を
そろえて高い金とって
ご機嫌を取り
傷をなめあってる
「ワイン通の集まる店。」なんてのは
ろくなもんじゃない。
とにかく間違っても
このタイプの店には
行ってはいけない
「昔の名前で出ています的なワイン」を
売りつけられるだけで
新しい風にあたることなど
期待できない。

第一弾はこの辺で...

ps本物の今を感じられるワインを
飲める店。関東では「ろOし」。
関西では「なOゃ」だ。
分からなかったら来店ください。(笑)
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-27 09:37 | Comments(0)

本当に怖いもの

いまだに「あそこ炎上した怖い店でしょ。」
なんて言ってるやつがいると聞いた。
だいたいそんなこと言ってる人間は
美味しいものにありつけない人種である。
美味しいものは
怖いところにあるものが多い。
ふぐだって
どこに毒が含まれてるか分かるまで
何人もの人が死んだに違いない。
ずいぶん怖かっただろうが
人はそれを克服して
美味しいてっさや白子を食べている。
中国で高級食材として有名な
ツバメの巣は
崖の途中にあり
採るのに命がけだと聞く。
雀にとって
案山子はかなり怖い存在だろうが
それを勇敢に突破したものだけが
人間の作った美味しい米にたどり着ける。
臆病者の雀は雑草の種くらいにしか
あり付けない。
人間も雀と一緒で
臆病な者は
「飲み放題付3000円ぽっきり。」とか
「どのメニューも500円以下」とか
一見お客さんに優しそうに見える
店に行ったり食べたりするんだろうが、
そっちの方がよっぽど怖い。
真っ当な食材を使ってたら
そんなことできるわけない。
冷蔵庫から出して一週間くらい
放っておいても腐らないどころか
色も変わらない肉とか
水に浮く米とか
洋服にこぼしたら
服の色が抜けるようなワインを
出されそうだ。

うちの店と
うちの店の仕入れ価格くらいで
料理を出すお店。
どっちが怖い?
何十年か先に
体を壊してから
分かるだろうけど。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-26 09:35 | Comments(0)

おことわり

最近 お客さんに
「ブログのファンです。」とか
「このブログに出たい。」なんて
よく言われる。
ありがたいことだ。
しかし 残念ながら
このブログのファンなんていう
シャレのわかる人は
ここに出ることは
無いでしょう。
ここには
視野の狭い
スクエアーな物の考え方をする
横柄で偉そうな態度をして
失礼なことを口にする
糞野郎しか
出られませんから。
アッ
美味しい飲食店でもやってくれたら
紹介しますよ!
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-24 06:42 | Comments(0)

誤解

私のブログを見て
「バカにしやがって!」と
誤解して
被害妄想に入っている人がいると
耳にした。
このブログで
人をバカにしたことを
書いたりはしない。
本当のことを
書いてるだけである。
だから
バカにはしないが、
バカには
「バカ!」と言う。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-23 06:08 | Comments(0)

昇格

「こどもだね~。」とか
「一番子供。」と
言われ続けてきたが、
最近よく褒められる。

「大人げない。」って...

やっと大人になった。
子供に向かっては「大人げない。」とは
言わないから。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-22 09:16 | Comments(0)

その通り

昨日仕事帰りに
行きつけの居酒屋へ行ったら
大将に「あのスタイルでよく店やって
生活できてるね~。」って言われた。
確かに言える。
人間100人集まると
味覚の鋭い人5人。
「努力したんだろうな~」って感じの
まあまあな人10人。
分かってないけど
見栄を張る人5人。
その他80人。
こんなもんだ。
最初の20人相手に
商売してるので
初めから
本当の人口の20%しかいないのと
一緒である。
しかもその20%も
その多くが
保守的と来た。
ほんとよくやってるよ!
人口の多いところに行きたいもんだ。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-21 08:16 | Comments(0)

それしかないのか?

今治に遊びに行くようになって
気づいたことがあるんだが
今治の人は口癖が二つある。
一つは
「今治の人は鯛は食べん。」
ま~いくら美味しくても
食べ飽きてるんだろう。
なんとなくわかる。
もう一つは
「今治は、な~んにもないでしょ!」だ。
俺は4回行ってみて
面白いし、
意味が分からないので
よくよく聞いてみると、
「遊ぶとこ何にもないから
仕事終わったら車に乗り合わせて
松山までいくんよ~。
松山は明朗会計だし
女の子は上手に遊ばしてくれるから。」
だって...
結局 おね~ちゃんの店のことだった。
おいおい
それは
「遊ぶ」って言わない。
「遊んでもらう。」って
言うんだよ!
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-20 07:39 | Comments(0)

なかなかのキャラ

以前にも書いたが
最近ますますお客さんに
同業者が多い。
お店での立ち振る舞いを
分かってるし、こっちが注文してもらいたいと
思ってるメニューを注文してくれたり、
がっつり飲み食いしてくれるので
やりやすいし
同業とすぐわかる。
が、たまには例外もある。
最近一人の青年が
来店されたとき
食事の最後にティラミスを
注文され
「僕もクリームチーズ買ってきて
家でティラミス作ったりするんですよ!」って
言ってきた。
「家でティラミス?」
「クリームチーズ?」って感じだったんだが、
ついには
「僕 料理人なんです。」って...
全然気づかなかったので、何料理してるのか聞いてみると
大手チェーン店の焼肉屋さんで
働いているということだった。
大手と言えばサイドメニューは
セントラルキッチンから届くし
肉は客が焼く。

いったい何を料理するんだ!

ps よく予約してきてくれるグループで
毎回のように同じ奴が遅刻してくる時は
時間どおり来た人たちの料理と
一緒に作ってそのあたりに置いておいて
そのまま出すことにした。
[PR]
by f-magnanno | 2015-11-19 07:44 | Comments(0)