ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

<   2015年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

そのままお返しするぜ。

先日わたくしどもの店に
自然派のフランスワインを
卸してくれているインポーターであり
友人のYさんから電話があって
「炎上したって知り合いのインポーターから
聞いたんだけど、大丈夫?」って言われた。
彼とは炎上後に名古屋で3~4回
飯を食ったんだが...

あんたこそ大丈夫か?
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-17 08:37 | Comments(0)

やたら多いこのタイプ

メニューを出したら
「私 ダイエットしてるから
炭水化物はむり。パスタは
やめとくけん。」
「ピザってないですか?」



ダイエットしてるらしいのに
「ティラミスください。」
「あとそれに合う赤ワイン。」
「辛いのね!」

デザートに赤ワインを飲む。
結構いるけど、
そういう文化?
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-16 09:44 | Comments(0)

一言で言い表す

先日ランチに来たお客さんが
「今日のランチのパスタ
夜のメニューで1500円で売ってるパスタだ。
ランチで1000円で食べられた。
得しちゃった!」って...

金額だけで言ったら
そうかもしれない。
しかし私は
そうは思わない。
理論的にうまく説明できない
(したくない)ので、
違いを一言で言い表すと
ディナーは
「これ食べるの今でしょ!」で
ランチは
「これもう出しましょ!」だ。
違い伝わったかな?
何処の店も言わないだけで
こんなもんだ。

どっちが得か
あなた次第だ。

ps ディナーを選ぶ人は
世の中がよく見えていて
最終的には大きな
得を手にする人だ。
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-14 06:58 | Comments(0)

最高の贅沢

昨日の今日で
やっぱり
外食は消費税10%に
上がることになりそうだ。
今のうちに食っとこうぜ!
白トリュフ。

せっかくなら
白トリュフの最高に贅沢な
食べ方をためしてほしい。
パスタやリゾットは定番だが、
極端なことがお好きな方のために
超お勧めな食べ方を伝授したい。

「ただの目玉焼きに
玉子が見えなくなるまで
しこたま白トリュフをかけて
一気食い。」

これ俺大好き。

トリュフと卵のマリアージュは
最高なのだ。
ただ間違っても
ポーチドエッグのフォンデューダ
(フォンチーナチーズのソース)
などにかけてはいけない。
普通すぎる。

チープな目玉焼きに
トリュフをぶっかける 
なめた行為が
ふざけてて良いのだ。
思いっきり金かけて
バカやる。
これだよ!

しびれるぜ!
うちの店のメニューには
載ってないが、
「目玉焼き白~いやつくれ!」と
おっしゃってください。
出しますよ!

これで白トリュフが感じられなかったら、
今後一切
食うのを止めた方がいい。
感性が合わないんだろう。
椎茸でも食ってたら
安上がりだ。

ps 今週仕入れた白トリュフ
入荷とともにすぐ出ちゃって
もうなくなりそうです。お早めにどうぞ!
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-13 06:44 | Comments(0)

軽減税率

軽減税率の対象に
外食も含まれそうだ。
低所得者の税の負担を
おさえるために
非常によい知らせだ。
これで2017年からも
仕入れ1㎏当たりの消費税が
¥64000のままなので
「白トリュフのパスタ」
値上げしなくてすみそうだ。
皆さん!
これからも
安心して食えますね!
白トリュフ。


今日
アルバ産白トリュフ
入荷します!


psちなみに来週(12月19日)も入ります。
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-12 03:36 | Comments(0)

ためになる。

昨夜
「マッキー最近ブログどうしちゃったの?
なんだか変だけど疲れてるの?」なんて
言われてしまったので、
いつものような謙虚なパターンに
もどしてみる。

店をやってると
お客様に
いろいろ教えていただくことが
よくある。
先日も
ワインセラーでワインを選んでいた
お客様が
「イタリアワインばかりじゃないの!
普通白はドイツで、赤はフランスでしょ?」
と言ってきた。
歴史の授業である。
近代史だ。
昭和40年代から50年代初期のお話しである。
まだ日本のフランス料理には
牡蠣のコキーユと
カニグラタンくらいしか
なかったころの
定義である。
わたしは記憶の遠いところに
かすかにひっかかっていたが、
うちのスタッフは皆知らなかったようで
有難いお言葉を頂いた。
わずかに置いてあったフランスワインは
予算に合わなかったようで、
今後教えを守って
改善することをお約束し、
なんとか
イタリアワインを飲んでいただいた。
言い出したら
頑として動かず
周りを動かす。
「天動説だ。」
体現して
科学も教えていただいた。
勉強になるぜ!

ps大将。こんな感じでいかがでしょうか?
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-06 08:19 | Comments(0)

理想

日本で
遊びに行くには
こんな面白いところは他にない
東京。
上京したがる人も多いし
仕事で東京に転勤することを
栄転と言うことが多い。
「マッキーも東京でやったら?」
なんてよく言われるが、
私が目指しているのは
都ではなく
極楽である。
スクラップ&ビルトや
流行りものに
興味はない。

こちらに来て間近に
自然や季節を感じるようになって、
より一層
永遠なものに
触れたい
見ていたいと
思うようになった。

来年はまた新たに
極端なことを
始めたいものだ。
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-05 08:15 | Comments(0)

表向きと裏

以前このブログに書いたことがある
私が出勤するときに
毎日通る、例の
誰一人一時停止しない踏切を
今朝犬の散歩の時
通りかかったら
全ての車が
気持ち悪いくらいに
丁寧すぎる
一時停止をしてるから
「一応一時停止しなきゃなんないこと
知ってんだ。」
と思ったら
すぐ近くに
パトカーが止まってた。

らしいって言えば、らしいか?
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-03 08:39 | Comments(0)

低俗

行列ができる人気ラーメン店で
従業員に対しての
暴力事件のため
店長が逮捕されたようだ。
ちょっと前にも一流の和食で
こんなようなことが
あったばかりなのに...
そこまでやらないと
美味しいもの
つくれないのかね~?
そんなことを
知り合いと話していたら
「松山にもそんな店あるよ!」って。
何処の店か聞いてみて
びっくり。
「へ~あのシェフがね~
やってそ~。」って感じ。
たいして旨くもないのに。
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-02 08:48 | Comments(0)

反論

うちの嫁が
「マッキーは店での立場が私より上だから
帰っても それを引きずって、
家庭でも私より立場が上だからずるい。」
なんてことを言ってきたが
冗談じゃない。
家では料理を嫁がつくる。
昨日のごはんでは おかずの一つに
マグロの刺身があったんだが
それを引いたのも嫁である。
和食の世界で
刺身を引くのは
「花(華)板」と言われる
店の花形で
最も身分の高い人である。
一方私は
彼女が料理に使った調理器具と
食べ終わった食器を洗い、
ゴミ出しをするのが
日課である。
私の日課は
和食の世界では
「おいまわし」と呼ばれ
見習いや新人などの
最も身分の低い者がする作業と
いっしょである。
よって
家庭での立場は
子供が見ても明らかなように
嫁が上である。
どう思いますか?
皆さん!
[PR]
by f-magnanno | 2015-12-01 09:44 | Comments(0)