ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

条件次第

「店やろうぜ!」って
よく誘われるんだが、
一つだけ譲れない条件がある。
儲けなくてもいいことを
約束していただく。
儲けようとすると
確実に
面白くなくなるから。

そろそろ
「あいつらバカじゃない?」って店
やりたいな。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-27 10:05 | Comments(0)

しみじみと

来月で
松山に来て
3年半。

「しかし、思えば
 長い旅行だぜ!」
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-26 07:24 | Comments(0)

甘くない

「フェイスブックで友達2000人」なんて
豪語して店をオープンした
いけすかね~野郎の店の前を
通っても
人が入ってることが少ない。
そんなもんじゃ。

うちの店も
このブログ見てる人が
友だち一人連れて
全員が来てくれたら、
2~3か月は
予約でいっぱいになるんだが...
あくまで
このブログ見てる人が全員
「好意的に見てる。」ってことが
前提ですが。(笑)
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-25 07:10 | Comments(0)

だから増える。(言い値 2)

世界的に有名な画家が描く
抽象画は
中には「子供が書いたんじゃないか?」
なんて思えるような
俺でもかけそうなものがあるが、
何十億円もとるものがある。
かと言って
本当に子供が描いたんでは
1円もとれない。

イタリアンは
子供が描いた絵のように
シンプルな食材を使って
表現する料理が多い。
かと言って
簡単なわけではない。
食材の旨みを引き出すには、
フレンチなどに必要な
知識や経験とはまた違う
独特なセンスが必要である。
だが
画家と違って
へたくそでも
金がとれるので
どんどん増える。

まだ分別のないガキが
ただ安いだけのイタリアンに行くのは
仕方がないと思うが、
そういった店に
大の大人が居るのを
見かけると
「そんな料理に金払うのか?」と
がっかりするぜ!

イタリアンに関しては
まだ発展途上だなっ。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-23 07:18 | Comments(0)

言い値

メニューに載ってないものを
注文されることがある。
食材があれば
出来る限り作ってあげるが、
値段を決めるのに
気を使う。

以前
「アーリオ オーリオ エ ペペロンチーノ」を
作ってほしいと頼まれたので
作ったことがあるが、
1000円もらったんだが
「高い!よそのイタリアンOOでは
800円だった。」と言われた。
あのアルバイトに毛が生えたような奴が
料理(?)作ってる、
糞不味い店で800円もとれるなら
3000円くらいにしとけばよかった。
しかし
特別に作ってやるんだから
金のこと
ごたごた言うな!
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-22 07:29 | Comments(0)

正統派

いろいろ皆さんに
アドバイスをしていただく。
「ゴルフやるとお客さん増えるよ!」とか
「フェイスブックは集客に効果があるよ!」とか。

わたくし広告代理店ではないので
そんな暇があったら
新しい料理の一つも
覚えたいと思います。

っていうか
そんなことしなきゃ
お客が増えないなら
店やめます。

社会に出てから
やりたいこと以外は
やらないと決めてるし!
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-20 07:02 | Comments(0)

そーはいかんぞ?

仕事がら家の冷蔵庫の中身まで
ついつい把握してしまう。
嫁と買い物に行っても
「味噌がもうないよ。」とか
「今日鍋ならポン酢はないよ。」とか
「卵の在庫が少ないよ。」など
情報を伝えてやる。
すると
嫁はだいたい素直に聞いて
買い物を進める。
ただし
ネギがないことを指摘したときは
「男のくせに冷蔵庫の中のことを
ぐたぐた言ってくる。」と
切れる。
そうやって
嫁はネギが嫌いなので
わざと買わないようにしているが、
そうは問屋が卸さんぞ!
さもないと
今後一生
食卓にネギが
上がらないことになるから。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-19 14:52 | Comments(0)

TPO

「ヘルシー」「ヘルシー!」って
家でやってもらいたい。

外食では
体にいいから食べるんじゃない。

旨いから食うんだ!
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-18 06:33 | Comments(0)

正直になれ

先日予約の電話がはいったんだが、
コース料理のことを
尋ねられたので5400円からと
説明したら
よくある「それは飲み物込みか?」の質問。
そんな店ではないことを伝えると
なんとなく乗り気じゃない感じだが
大人4人で5400円のコース飲み物別の
予約ということになった。
「たぶんキャンセルの電話が
入るだろうな。」と思っていたら、

当日

案の定

「打ち合わせがなくなったので
キャンセルします。」って...


「持ち合わせが
ないので
キャンセル
させて下さい。」
だろ!

[PR]
by f-magnanno | 2016-02-17 09:30 | Comments(0)

大人げなかったかな?

わたくしもずいぶんと
歳をとったので
若者を導いてやらなければ
いけないのに...

先日 たまたま通りかかった道に
新しいBARがオープンしてたので
ふらっと入ってみた。
お勧めを尋ねると
ラム酒が出てきた。
何故お勧めなのか理由を聞いたら
「珍しく貴重な銘柄で
松山ではここでしか飲めない。」って
きっぱり。
どうやって入手したのか尋ねると
「ネットです。」だって...
わたしが
「ネットで買えるなら他のBARも
仕入れてるかもしれないし
個人で買って家で飲んでる奴
松山にもいるかもよ?」と
突っ込むと
黙ってしまった。
聞き流すべきだったが
大人げないことをした。

どうせなら
そのラムをコーヒー牛乳か
ヤクルトかなんかで割って
このカクテル松山では
ここでしか飲めません。
その心は
こんな貴重な酒に
こんなバカなことするの
松山では僕くらいしかいませんから。
なんてボケてくれたら
チップをおいて
帰ったんだが...

PS 育休中に不倫野郎は論外だが、
TPPなどで実績を上げ 日本の将来のために
必要であろう実力をもった
政治家を止めさせようとしているが
いったい
誰が得をするんだろう?
大きな視野
長いスパンで考えるのが
政治じゃないの?
叩けば誰でもほこりは出るんだろうが、
いなくなった方がいい奴
選んではいかがなものか。
松山にとっての俺みたいな。
な~んてなっ。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-16 09:31 | Comments(0)