ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

言い訳は潰しておくに限る

いつも行くお店で
よく会う競輪好きのおっさんが
会うたびに
「イタリアンは口に合わんからな~」って
言ってくる。
そのおっさんが
うちの店に来ようが
来まいが
どうでもいいが、
聞き飽きたので
「競馬でも競輪でも
ギャンブルは一度も勝てずに
負け続けたらつまんないから
止めるでしょ?
一回でも勝ったことがあるから
競輪続けてんでしょ?
それと一緒で
行く店を間違い続けたから
イタリアン嫌いなんですよ!
今度好きになりに来ませんか?」と
言ってやったら
その話題は
出さなくなった。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-15 08:29 | Comments(0)

完成形

入って来た時から
なんとなく品のない女性2人が
食事を終えたら、
周りで他のお客さんが
まだ食事をしてるのに
そのテーブルで
メイクを始めた。
店が化粧室になった瞬間である。
品がないったらありゃしない。
だがまだその時は
品のなさが
発展途上だった。
メイクが終わった瞬間
完成形を迎えた。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-12 09:06 | Comments(0)

お上りさん

昨夜仕事帰りに
よく行く豚足屋さんに行ったら
青森出身っていう
デブで不細工な女がいた。
観光で来たらしい。
話の成り行きで
わたくしが
「ここの豚足屋がもし名古屋にあったら
大繁盛間違いない。」と言ったら
その雌豚は
「都内では受け入れないと思う。」だって...
どうもそのバカ女
東京で就職したらしく
「私東京駅の南口だから。」って...
それは会社所在地だろ!
すると
必要ないのに店の大将が
「彼はイタリアンやってるんだ。」なんて
紹介するもんだから、
そのゲス女は
「都内なら誰がやってもイタリアンは
流行ってるよ。」って...
ところで
いつから
東京都の代表を
豚が務めるように
なったんだい?
自分の足を売りに来たんじゃないのかよ。

お前なんか
会社辞めたら
ただの「青森の豚」じゃね~か。
やっと新幹線が来たからって
偉そうにするんじゃない。
(北海道までつながったから
しょせん通過される町だけどね。)
消えろ!ブタ。

しかし
どこへ行っても
田舎者ほど
都会人ぶりたがるぜ!
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-11 09:49 | Comments(0)

猫も杓子も

二番町に新しくイタリアンが
オープンしていた。
今度一番町にできる新しいホテル内にも
イタリアンがオープンするらしい。
気が付けば
町中イタリアンだらけ。
おいおい
松山をイタリアにするつもりかい?
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-09 10:18 | Comments(0)

親までガキでは困る

先日「今から食事に行きたいんですけど、
1歳の子供が一緒ですが
大丈夫ですか?」って
電話が入った。
いつものように
「もし泣き出すようなことがありましたら、
一度店外に出ていただいて
泣きやむのを待ってから入店いただくことを
約束いただけるなら大丈夫です。」
とお願いすると
「うちの子は泣きません!」と
電話の向こうでムッとした様子。
しかたがないので
「うちの店コース料理はないし
アラカルトも出来ませんが。」と言って
電話を切った。
テメーのガキが
他所で泣こうが
泣くまいが
どうでもいい。
そんなこと誰もきいてね~んだよ!
ボケ!
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-08 10:10 | Comments(0)

癖?

名古屋には
よその土地の人からすれば
最悪な気質を持った奴が多い。
それは「名古屋時間」という。
「約束をした時間に
家を出かける。」という
最低なものだ。

うちのお客さんで
もう5~6回は来てる人で
予約の時間に
毎回15分確実に遅れてくる
人がいる。
今度
7時30分とかに予約して来たら、
「ってことは7時45分ですね?」って
言ってみようかな?
どんなリアクションするか
楽しみなんだけど...
怒って来なくなるか、
つまらんリアクションで
今まで通りか、
おもろいリアクションで常連に
認定か?

PS バカがまたミサイル撃ったらしい。
閉ざされた狭い地域に生きるやつの
考えることは解らん。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-07 06:17 | Comments(0)

「残念ながら」くらいかな?

「今度の土曜日 予約したいんですけど
空いてますか~?」って電話が
入ったんだけど、
ディナーなのかランチなのか
時間を言ってもらわないとないと
答えようがないので、
「ランチですか?ディナーですか?」って
聞き返すと
「もちろんランチです。」って...
わたくしどもの店
ディナーがメインでして
ランチはおまけのような
ものなので、
「もちろん」を使うのは
ディナーの時にしていただきたい。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-06 04:51 | Comments(0)

変わりましょう。

先日 名古屋からお客さんが
来てくれて、話が盛り上がった。
その時 彼はこう言った。
「マッキーが真面目に料理を
作ってるから驚いた。
名古屋ではふらふら
してただけなのに。」と...

確かに。
名古屋ではお客の酒を飲んで
プラプラしてただけだった。
人間は
きちんと
働かなければいけないことを
教えてくれてありがとう
松山。

PS このブログへの訪問者数が
どんどん増えてるんだが
読むのは勝手ですが、
このブログで指摘したことが
自分に当てはまったとしても
逆恨みしないでほしい。
TPOやその時のシチュエーションによって
OKやNGは変わりますし、
ブログの表現上
デフォルメすることもあります。
ともかく
シャレの分かる人のためのブログです。
頭の固い方の訪問は
お断りします。

我々サービス業を仕事にしている者は
いつでもできる限りの
サービスをしようと思っています。
サービスを受ける側も
ほんの少しばかり
気を使っていただけると
「もっと良い時間が過ごせますよ。」
ってなことを提案しているだけです。
一般の方には
気持ちよくサービスを受けるための参考に、
同業者には
ストレス解消に、
楽しんでいただければ
幸いです。
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-05 09:47 | Comments(0)

勘違いも甚だしい

先日 一見上品そうな家族連れの
お客様が来店されて
楽しく会話されていたんだが
料理を出すたびに
「この料理お母さんと作り方一緒だ。」とか
「このパスタお母さんが入れてる材料と一緒。」
なんて聞き捨てならんことを
発言してる。
「生うにのクリームソーススパゲッティ」に関しては
「これお母さんが作るのとまったく一緒だよ、
家の冷蔵庫にウニが冷凍してあるから作ってあげる。」
だって...
ひとこと言わせてもらうぜ。
あんたが今度作るのは
「冷凍ウニのスパゲッティ」であり、
「食材や作り方が一緒なら
味も一緒。」って言うなら、
「食材やレシピが一緒の店」なんて
いっぱいあるのに、
なぜ美味しい店が少ないんだい?
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-04 04:47 | Comments(0)

必要条件

みんな俺のことを「子供」というが
「今からみんなで遊ぶ。」って時や
「今からみんなで楽しむ。」って時は、
誰か子供が必要だろ!
[PR]
by f-magnanno | 2016-02-03 04:29 | Comments(0)