ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

<   2016年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

納得

最近日本中どこにでも
中国人がいる。
レストランなどで
中国人と出くわすと
やたら
やかましいんだが、
声が大きいことには
訳があるんだとか

国が大きくて
広いから
小さいと聞こえないんだとさっ。

日本は小さいから
静かなんだって...

なるほど。

PS うちの店は小さいから
静かにしろよ。
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-31 10:04

不毛地帯が一転

私が松山に来た頃
自然派ワインを扱う店は
ほぼ皆無で
それを扱うわたくしは
旧ワイン世代の
化石どもに
変態扱いを受けていたことが
懐かしいが、
今度松山に自然派ワインの
BARができるらしい。
どこで修行してきた方が
始めるか知らんが
「なんちゃって」でないことを
期待する。

始める店があれば
終わりを迎える店もある。
人間性は知らんが
技術は一流のシェフの店が
松山から消える。
あの料理のレベルなら、
彼の店が
もし
名古屋にあったら
そんなことには
ならなかっただろう。
いったいこっちの人は
何を基準に
店を選んで行くんだろう?

近所に糞みたいな野郎が
やってる店に
客が入ってるのを見ると
銀蠅にしか見えないから
不思議だ。
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-30 06:22

なんじゃそれ

ディナータイムに
「予約してないけど8時から二人
入れませんか?」って
年輩の方が訪ねてきた。
その日は 予約もなく
暇そうだったので
「大丈夫です。」と答えると
「メニュー見せてください。」って...
メニュー見た後
「来れたら来ます。」だって...



たぶん一生来られないだろう。

PS 広島の歴史的な一日の
大統領の言葉にただただ感動した。
どこかの国の首都のリーダーとは
えらい違いだ。
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-28 09:20

市民性によるのかな?

松山の洋食系の店は
時代の変化に対応するのが
上手いところが多い。
僕が松山に来てからできた店も
どこも流行などを
かなり意識しているところが多い。
まあ
冷静に世間を見ていると
愛知県から来た喫茶店や
三重県から来たスーパーや
東京から来たピザ屋なんかの
しょーもないものに
飛びついてるのを見ると
そこに力を入れるのは
必然なんだろう。
しかし
絶対的価値を追及する店は
数えるほどしかない。
こちらを追及してくれると
大人としては
嬉しいんだが...

私は年を取ってから
ハードリカーは
あまりやらなくなったので、
BARにはあまり行かないが
二番町に両方兼ね備えた店がある。
こんな店がもっと増えてくれると
もっと大人も遊べるんだが...
しかし
まともな熟成肉食ったこともない
ガキが
「熟成肉食べるならOOだよね~。」
なんてこと言ってるのを
耳にすると、
「絶対的価値の追求」
エネルギーの無駄だと
思っちゃうのかな?
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-27 10:25

本当に美味しいお店

美味しい店を探すのに
口コミに頼ることが多いが
聞く相手を絞らないと
ひどい目に合う。
飛び込みで
選んだ方がましな店を
教えてくる人のほうが
多いくらいだ。
わたくし四国に来て
3年半の月日が流れた。
休みの日は
ほぼほぼ
食べ歩きに時間を使っているので
そのへんのちんけな
グルメブロガーより
まっとうな店を
紹介する自信があります。
このブログ見ている
名古屋から遊びに来る人も
松山に住んでる人も
気軽にお尋ねください。
松山、今治、高知のことなら
完璧です。
妥協はないし
それくらいしか
やることないので、
地元の人より「本当に美味しい店」
知ってる自信があります。

公正な第三者の専門家の厳しい目として
厳正な調査に基づいて
判断しておりますので。

公私混同は許しません!

なんのこっちゃ?

ps ちょっとペースが落ちてますが
今年3回目の高知、また初ガツオ食べに
明日から行ってきます。
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-23 09:18

言い訳は通らない

一般人ならまだしも
同業者のくせに
せっかく作った料理を
いかなる理由があろうとも
床に落とされたりしたら
死にきり腹がたつ。

靴屋で
汚れた靴を履いてる店員とか、
プロのテニスプレイヤーが
自分のミスを
ラケットのせいにして
叩きつけてるシーンと
同じくらい
見たくもない。

普通なら
体罰をあたえたいところだが、
口で指摘するくらいに
とどめておいてやるから
逆切れなんざ
以ての外だ!
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-20 06:40

常識

飲食店でお客さんに接客する時
平等にサービスしなければならないことは
昔から
飲食業に携わっている者なら
当たり前の常識だが、
私には
その進化形の技がある。
「誰に対しても平等に
失礼なことをすれば
失礼でなくなる。」
これを新しい常識にすると
ずいぶん
やりやすいぜ!

PS 誰にでも出来る技じゃないので
心してかからないと
怪我するぜ。
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-19 06:32

そこそこと心底

そこそこ美味しい料理を
食おうと思ったら
簡単である。
評判のレストランへ行って
それなりの金額を払って
シェフのお勧めコースでも
食ってりゃ~
そこそこでしょ。
がしかし
どこまでいっても
そこそこである。
心底美味しい料理は
出てこない。
なぜなら
心底美味しい料理は
心を込めないと
作れないからだ。
不特定多数の中の
一人に
心を込めることなど
不可能である。
食べる相手が分かっているから
心を入れて料理することができる。
よって
心底美味しい料理を
食いたければ
腕のいい料理人のいる
オープンキッチンの店に
行く必要がある。
かと言って
いきなり行って
心を込めてくれるはずもなく
なじみになり
シェフと仲良くなる
必要が出てくる。
シェフに顔を覚えてもらい
「こいつに旨いもの作ってやろう。」と
思ってもらうのだ。
人によっては
初日から
心底旨いもの
作ってもらえる者もいれば
数回通う必要のある者もいる。
ただし
せこい奴、けち、態度のでかい奴
不味そうに物を食うように見えるやつ、
飲食店を下に見るやつなど
料理人に好かれる
自信のない奴は
止めた方がいい。
心底どころか
そこそこもない。
心底美味しい料理を
作る対象の方々の料理を
作るエネルギーを使った後の
片手間で、てきとうな料理を
作られるのが
目に見えてるから。
集中力を保って
真剣に旨いものが作れるのは
一日2組くらいのものである。
行った店に3組以上の
お客がいたら
心底旨い料理を
作ってもらう側の2組に入る
努力が必要だ。
ちなみに
わたくしは
何処の店に行っても
初日から旨いもの、
特別な物を作ってもらうのが
得意であり特技である。
料理人が言われて
嬉しいことを
さりげなく
しゃーしゃーと
口にすることができるからだ。
どこにいっても
特別扱い。
飲食店やっててよかったぜ!

PS 昨夜はわざわざ九州からお越しいただきまして
ありがとうございました。
安心してください。悪口も書きますが、
今回も心入れときましたよ!
またのご来店楽しみにしております。
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-18 07:24

そもそも

私共の店では
さして味付けをしないでも
美味しい食材を
使っているので、
塩は食材の旨みを引き出す
最小限にとどめている。
(ハムやソーセージ
パテ、テリーヌなど
保存を前提にするものは
多少塩度を上げるが)
先日
「ちょっと料理に塩がきつい」と言われた。

「しょっぱい。」とでも言って
繊細な味覚だとでも
主張したいんだろうか?

味のない料理(食材)が食いたけりゃ
そもそも
外食なんざ
するな!
ぼけ。
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-16 09:27

どこまで要求するんだ!

うちの店の¥1000ランチは
サラダとパスタとパンと
食後のドリンク(コーヒー又は紅茶)が
セットである。
先日
嫁が
「サラダ、パスタ、パンは美味しかったけど
紅茶は普通だな。」と言われたらしい。
美味しい紅茶は
もちろん店にある。
賄いように
ハービーニコルスの
ダージリンのファーストフラッシュか
セカンドフラッシュくらいは
置いてある。
もしランチで飲みたけりゃ
出してやるぜ!
ただし
我々にも利益が
必要なので
セットからパスタは
抜かせていただくが...
[PR]
by f-magnanno | 2016-05-15 07:46