ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

ゆる~いぜ!松山

e0240014_16374678.jpg

松山の家から歩いて1分で この公園がある。
e0240014_16415897.jpg

すぐ横には 川も流れ のどかである。
しかし 新しい店(職場)まで 自転車で3分。
めっちゃ 便利なとこである。
e0240014_16433453.jpg

もよりの駅は これだ。石手川公園駅。無人である。
名古屋では 地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」だったので
雰囲気が まったく違う。
e0240014_6323875.jpg

この電車も やたら遅い。
ビルのエレベーターも遅いし 飲み屋のねーちゃんの接客もゆるいし
人間の生活ペースが 遅い。
時間の流れ方が 名古屋に比べて 格段にゆるい。
こちらの人たちに 「名古屋みたいな都会から来たら こっちのペースは
遅いから いらいらするでしょ?」ってよく言われるが、
アナログな わたしにとっては 丁度いい。
ただでさえ のんきで ぐーたらな私は
松山の ぬるま湯につかり 
より ゆるくなり
いつか 名古屋にもどるであろう。
そのおりには どうか おてやわらかに!

PS 公園が近いので ウイスキーの散歩は 毎日ここである。
   その喜びようと言ったら はんぱないぜ!
[PR]
# by f-magnanno | 2012-12-04 16:44 | Comments(2)

すげータイミング

e0240014_16451164.jpg

松山に来て 家のまわりを散歩していて
2日目に 偶然見つけた カフェ。
席が4席しかないし、地べたに焙煎前の
コーヒー豆が置いてある。
店ぼろぼろ。でもコーヒーは旨い。
17年やってるらしい。
マスター その前は ヒッピーだったらしい。
めっちゃ気にいったので、もう5回も行った。
この写真は 最後に行った時のものである。
そしたら マスターが「今日で店 おわりやけん」だって。
なんでか 聞いてみると、
「このビルが 競売にかかって 3日後までに
出なきゃならなくなった。」だって。
しかし 
17年営業した 最後の日に 偶然だが
訪れることができて なんだか よかった。
すげータイミングだったぜ!
しかし
明日から どこでコーヒー飲もうかな?
困ったぜ!
[PR]
# by f-magnanno | 2012-12-01 17:09 | Comments(1)

BARBANICO

e0240014_83585.jpg

先日 試飲して 輸入することにした、ワインのなかで
最も気に行ったワイン BARBANICOだ。
ラベルも バスキアが描いた絵のようだし、
味もナチュラルで 好みのタイプである。
来年の4月には 日本に480本入ってくる。
いっしょに試飲してくれた、内藤君は
「ラベルは やんちゃなマッキーみたいだ。」と
言っていた。
たしかに。
親近感さえ 感じはじめてくる。
もし 売れなくても 「全部自分で飲んでやる」くらいの
気分である。
[PR]
# by f-magnanno | 2012-11-15 09:22 | Comments(4)

FRIJENNO MAGNANNO最後の夜 PART2

当日 べろべろに酔っ払っていたので、
まともに 写真が撮れていない。
雰囲気だけでも 味わっていただけたら。。。
e0240014_8534072.jpg

キッチン このメンバーにてスタート。
e0240014_8572338.jpg

いや~すごいツーショットだ!
東の天才 あつし と 西の天才 じゅんちゃん。
こいつらがコラボした料理 気がついたら
一瞬でなくなってたぜ。食いたかったぜ!
e0240014_917492.jpg

名古屋のイタリアンでは重鎮のO矢くん
シチリア風の生うにのパスタは絶品でした。
e0240014_92236.jpg

この日のどんちゃん騒ぎのなかで
繊細な鯛のポワレ野菜のソースをつくりあげた
マジュールの政。フレンチの高い技術と
集中力に感心したぜ!
e0240014_9291474.jpg

こんな感じで宴が続き このあとそうそうたる
ソムリエ連中や イタリアワインのインポーター達も
合流して、朝まで飲み倒し。
素敵な夜を ありがとうございました。

PS 今後の私の新しい展開は 詳しく決まり次第
   この場にて 発表できるよう
   努力するつもりです。
[PR]
# by f-magnanno | 2012-10-24 09:39 | Comments(2)

FRIJENNO MAGNANNO最後の夜

2012年10月21日 FRIJENNO MAGNANNO最後の日。
13年間の営業を終え 幕を閉じた。
最後の営業は 苦手な料理担当でなく
得意な でたらめ接客で 常連達と 楽しみたかったので
キッチンをオステリア 「ダOァビオ」の
シェフ 近藤君に頼んだ。
そこへ リストランテ 「カバリーノ」のシェフ 純ちゃんと
OジチOッジョから松下が駆け付けてくれて バイトのヨッシーと
万全すぎるくらいの態勢で営業スタート。
結局私は お客さんのリクエストで
キノコのリゾットを作ったのが フリマニャでの
最後の料理となった。
その後 リストランテ「ラ Oルカ」のシェフO矢君
リストランテ「レ OOOエ」のシェフ Oつし、
フレンチレストラン「マジュール」からシェフ 政も参加してくれて
そうそうたるメンバーのキッチンとなった。
この夜 名古屋で一番のキッチンだったに違いない。
13年間営業して 最後の夜に
他人の力を借りて 一番になる。
まったく俺らしい 最後であった。
どやー!

13年間 応援してくれた皆さま 感謝しております。
心から御礼申し上げます。
本当に ありがとうございました。
[PR]
# by f-magnanno | 2012-10-23 07:09 | Comments(4)