ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

功績

e0240014_9343917.jpg

今から 約5年前の 正月。
酔っぱらって ペットショップを訪れた私に
なついて 甘えてきたのが ウイスキーである。
その時 甘えてこなければ
うちには ウイスキーは いないことになる。
彼が来てから 家族の間で 共通の話題ができ、
家の中が 格段に明るくなった。
何の芸もない彼だが
あの時 甘えてきたことだけで
大きな 功績である。

最近 常連の 美容師のお客さんに、
「君の店の オーナーは 素人みたいで
動きを見てても ぎこちないが、
そんなことは たいした問題ではない。
彼には すでに大きな功績があるから。
松山に 君を連れてきたっていう。。。」って言われた。

最大限の褒め言葉をいただいた。

これからも初心に帰り
精進(料理と悪口)してまいりたい。
[PR]
# by f-magnanno | 2013-11-18 09:51 | Comments(0)

環境が大事

e0240014_77632.jpg

たとえ 安上がりに済ますことができたとしても、
家で飲むワインは 美味しくない。
なぜだろう?
バーで飲むのも あまり好きでない。
レストランかビストロみたいな 雰囲気の中で
飲むのが 好きだ。
それ以外なら
絶対 アウトドアだ。
ワインには 環境が大事である。

人間にも 環境は大事である。
歳を重ねるほどに 顔に出てくる。

「20歳の顔は 自然からの贈り物。
50歳の顔は あなたの価値。」である。

先日 品のない ひねくれた 根性がわるそうな
意地汚い顔をした50歳代の男が、
女づれでやってきた。
終始格好をつけてるつもりで
ホールの嫁に あごで指図している。
はたから見ていて 非常にかっこ悪い。
会計のときも ふんぞり返って
領収書の指示をしてる。
あまりにも目に余るので
面と向かって 言ってやったぜ
「態度悪いなー!」って。
そそくさと 帰って行ったぜ。
まったく かっこ悪い。

いったい何処の 偉い人かな?って
領収書をチェックすると、

日本一ローカルな 内容のない
チンケな かわら版の会社じゃねえか。
発行部数は 雀の涙くらいで
大きな顔するんじゃねー!
小さく生きてろ!
この イモが!
[PR]
# by f-magnanno | 2013-11-15 07:08 | Comments(2)

学習

e0240014_7534832.jpg

「いってきま~す。」って家の玄関を出て 30~40分もしたら
写真のような 風景が広がる。
海も山も すぐ近くである。
名古屋のみんなには 信じられないだろうが、
松山は そんなところである。
リフレッシュには 最高である。

私は 気が若いので 気持ちを リフレッシュする
必要はないが さすがに体の疲れは 抜けにくくなって
きている。
そんな時 ちょくちょく嫁さんに
「マッサージしてくれ。」って 頼むんだが
ぶつぶつ文句言いながらだったり
いやいやだったり。
故に 何度やってもらっても
ちっとも上達しない。
頭にきたので ブチ切れてやったぜ。

「今週から 週一でマッサージに通う。」って
宣言したぜ。
1回3000円。
月12000~15000円の出費になる。
ざまーみろ!
それが嫌なら 立ち読みでも何でもして
学習してこい!
何事も 世の中 勉強じゃー!
仕事でも なんでも 学習せずに ただ時間を過ごし
飯食って くそしてるだけの奴は
屍と一緒じゃー!
とにかく 今日は マッサージじゃ。
[PR]
# by f-magnanno | 2013-11-14 08:06 | Comments(4)

選択の自由

e0240014_5571428.jpg

連休をとって 瀬戸内海の怒和島に 行ってきた。
しかし怒って 和む 島って
変わった名前の 島である。
島に 一軒も飲食店がないので
時間をつぶすこともできないので
歩いて一周することにした。
しばらく歩いていると 「写真」の風景に遭遇。
鹿だぜ!!!まるでサバンナ。

防波堤から釣りをすれば
25センチくらいの アジが入れ食い。
イヤー楽しかった。

話は変わるが 最近 このブログを見て
「怖いから あの店 行きたくない。」って
言ってる人が多いと聞く。
よって 一言言っておきたい。
私は 失礼な人に 厳しいだけであり、
普通の人には とても優しいことで
有名である。
また このブログを見て
「行ってみたい。」って言ってる人も
いることは 確かだ(かなり少数派だが)
来る 来ないかは あなたの自由だ。
ご自分の 視野を広げるか
止まったままでいるかも 選択の自由ということだ。

松山の人は 保守的な人が多いので
止まってる人が多いと思うが
それはそれで いいと思う。

ただ 困る松山人は 松山だけの常識を
押し付けてくる人だ。
いわゆる 松山を中心に世間が回っているっていう
天動説の人たちだ。
うちの料理を
「松山の人は 甘口の味付けが好きだから
松山の人の 好みの味付けにするべきだ!」なんて
真剣に言ってくるような奴だ。
この際だから キッパリと言っとくが、

それは 絶対にない!

水と文化は 高いところから低いところに流れる。
よって 逆流は ありえない。
たとえ太陽が西から昇ったとしても...

しかし こんな憎まれ口ばっかり ブログに書いてると
写真みたいに なっちゃうかな?松山で。
死して屍 拾う者なし。

そうなる前に 
私が ずっと松山に いるか いないかも
選択の自由なわけで。。。
[PR]
# by f-magnanno | 2013-11-13 06:55 | Comments(2)

勘違い

e0240014_7124075.jpg

なんとなく かわいいソムリエナイフを見つけたので
何気なく使っているのだが、運よく
使い勝手も かなりいい。

上の文章のように 私は 「なんとなく」とか
「何気なく」とか 「運よく」って 感覚が好きである。

最近 以前にも増して ソムリエだの どこどこのシェフだの
飲食店の経営者だのの お客が多いのだが
本当 分析して 食事するのは やめてもらいたい。

何度も言うが 私は修行をしたこともなければ
努力もきらい センスと感で料理をつくってるし、
気分で仕事をしているので 日によってムラがある。

生まれたままの子供と 同じような魂で
行動しているので もし変なものが出たら
気分が乗らなかったんだ。って理解していただきたい。

勘違いしないでほしい。
基本 ここに来ても 何も見つけられないぜ。

PS ただし10日に1度くらい 神が下りてくる時有り。
   気の長い方、運のいいかた お待ちしております。
   なんちゃってー!
[PR]
# by f-magnanno | 2013-11-10 07:47 | Comments(0)