ブログトップ

FRIJENNO MAGNANNO

fmagnanno.exblog.jp

たら れば

e0240014_1574734.jpg

インフルエンザになっちまったぜ。
ってことで タミフル。
初めて飲むぜ。
以前 テレビなどで 「幻覚をみる」なんて言ってたので、
ちょっと期待。
私は 幻覚のような人生を送ってるので、
タミフルによって まっとうな世の中が
見れるかもしれない。
逆の裏も 真(信?)の理論にて。。。

「まっとう」といえば
私の性格が もう少し 臆病な性格であれば、
まっとうな人生であったに違いない。
臆病であれば 調べるとか試すとか勉強するとか
なにがしら準備するってのが
行動の 必要十分条件に違いないはずだ。
私には いつも なんの根拠も裏付けもない自信があり
気分とノリで 物事を決め 行動してきた。
それで なんとか なってきた。
いや、正確に言うと、
「面白おかしく生活してきた。」であろう。

無計画で 自分ひとりで できることなんて
この程度のことである。

私は この2~3年ほど ちょー遅咲きで
学習した。
自分に出来ないことが 出来る奴が
いかに大切かということを。。。

私は 税務てきなもの 財務(キャシュフロー)など
管理的なこと ぜんぜんできません。
今度扱う物の営業ノウハウもない。
しかしそれらができる仲間を手に入れることができた。
よって 私が持ってないもの
すべてを兼ね備えている、臆病なパートナー達を迎え、
あるプロジェクトを立ち上げた。
そしてこの5月
集まってくれた彼らに
敬意をはらいスタートさせていただきました。
(私の 勘とノリとコネを足せば上手く行くと思うけど)

まずは ここまでこれたことを
彼らに感謝したいとおもいます。
有難うございました。
これからもヨロシク!

PS みんな 俺の恰好がつかんから
   イタリアワイン買ってくれー! 
[PR]
# by f-magnanno | 2013-05-09 17:05 | Comments(3)

SHADOW WORK

e0240014_13352515.jpg

前回のイベントで 唯一私が担当した料理。
普通の店では 細いパスタを茹でて その後
冷やして レモン汁とオリーブオイルと
生ウニであえるだけの 料理だが、
私は コンソメジュレを加え
味に奥行きを持たせ フランチャコルタのサテンに
負けない コクをもたせた。
また コンソメがパスタに絡みやすくするために
コンソメの粘度を上げるため
ベースになるブロードを 牛骨と鶏ガラに
豚足を加えて作った。

そのベースのブロードに 牛脛肉のミンチを加え
10時間ほどかけて作ったコンソメを
パスタに絡めてあったというわけだ。
表面に出てこないところに 仕事がしてある。
SHADOW WORK

わたしは 基本的には 「難しそうに見えて
実は 簡単な料理」ってのが好きだが

「単純に見えて 実は手がかかってる」ってのもする。
こういった料理は 食通ぶった奴を試すには
もってこいの料理である。

話は変わるが
野球の国民栄誉賞の授賞式を
たまたま見たが、巨人ファンでない私が見ても
松井という人物は かなりの人格者であることが
見て取れた。

わたしは 才能とは 「努力もせずに 自分の
やりたいことを さらさらっと こなせること」って
思ってたが
彼は 「努力し続けることができることが
才能である。」だって。。。

一流の人は言う事がちがうわ。

しかし

今更
出来るかい!


PS シャドウウォークの意味合いが違っちゃったな~
   家で 家事をしてくれる人がいる方は
   感謝するように!
[PR]
# by f-magnanno | 2013-05-08 14:30 | Comments(4)

条件反射

e0240014_4174176.jpg

「パブロフの犬」っていうのは ご存じでしょうが、
うちのウイスキーも 例にもれず
食事の前には「おすわり」をして
「待て」をする。
条件反射である。

うちの店でも
普段より着飾ったり
(グッチの靴に シャネルのコート、エルメスのスカーフに
 ヴィトンのバッグ。まるでチンドン屋。)
ワインのウンチクたれたり、
フォークとスプーンで上品ぶって パスタ食べたり
(ただの不器用)
して

「レストランはいつも利用してるから 慣れてますよー」みたいな
ふりをしてくる奴がいるが、
習慣というものは怖いもので、
本来の姿をついつい出してしまってる
残念な奴も 多い。

例えば

パンなんて 普段 喫茶店のモーニングで
トーストぐらいしか 食べてないので
いちおうパンはちぎるのだが(もっと小さくちぎればいいのに)
ついつい 噛り付く奴。
とか、

喫茶店のケーキセットくらいしか 食ったことないから
デザートがくると たとえ融けようとも
コーヒーが来るまで 待ち続ける奴。
(デザートはコーヒーといっしょに食べるもんだと
 真剣に 思ってるらしい。)
とか。。。

お前ら

詰めが甘い!
[PR]
# by f-magnanno | 2013-05-02 04:24 | Comments(2)

何しに出てくるんだ?

e0240014_7295294.jpg

グラスワイン1杯飲むのに 水道水6杯も飲む
めんどくさい野郎が来た。
(グラスワイン6杯飲んで 水一口なら分かるが。。。)
それじゃー酔えないだろ。
その後 グラスにワインが残り1割くらいになった後、
カブトムシが蜜をなめるように
ちまちま 30分以上かけて 飲んでいる。
どうやら意地でも 追加注文したくないらしい。
そーいえば 入って来た時の 第一声は
「もう食べてきたので。。。」だったな~。
こいつの来店も2度目なので 覚えたぜ。
何したくて家を出てくるんだろう?
出てきてもいいけどうちの店には来るな。
見てるこっちが
ストレスだ!
[PR]
# by f-magnanno | 2013-05-01 07:55 | Comments(0)

無事終了

こちらに来て 3回目のワインの試飲会が無事終了した。
e0240014_16515769.jpg

今回は 名古屋から ソムリエのO井さんや 「37」(サーOィーOブン)のイン
ポーターのO口さんも わざわざ来てくれたので
ちゃんと注文が入るか 心配だったが
かなりの量のオーダーをいただき ほっとしている。
夕方の打ち上げは いつもの豚足屋「清O園」。
O井さんは 豚足嫌いを克服。
ミストラルの矢野さんは デビュー。
O口さんは 大好きということで
楽しいひと時を すごした。

この夜は ル・OスOラルとのコラボディナー。
その内容は
e0240014_177715.jpg

愛媛県産の生ウニの冷製カペッリーニコンソメジュレ添え
e0240014_1795031.jpg

バニェットソースであえた鰆とその白子のサラダ仕立て
e0240014_17122099.jpg

岩牡蠣とホワイトアスパラの温製茸のコンソメスープ仕立て
サマートリュフ添え
e0240014_17161953.jpg

パスタ3種盛り
ビーツを打ち込んだファルファッレ
エシャロットのソースで合えたタリオリーニ
白インゲンのピュレ添え
ボローニャ風ラザニア
e0240014_17202152.jpg

グアンチャーレで巻いたカサゴのロースト
オイル蒸にした恵那野菜添え
e0240014_17224669.jpg

オマール海老を詰めた鳩のロースト
赤ワインで仕上げたアメリケーヌソース

以上。

俺が食いたかったぜ!
[PR]
# by f-magnanno | 2013-04-29 17:29 | Comments(6)